ペットの命を守るため|ペットの病気は動物病院で治せる|厄介な犬の皮膚病も改善可能

ペットの病気は動物病院で治せる|厄介な犬の皮膚病も改善可能

ペットの命を守るため

動物病院

長期間の服用が必要

フィラリア予防薬はペットの心臓に寄生するフィラリアの感染を予防するための薬です。フィラリアは蚊が媒介するため蚊が発生する時期にペットに服用させる必要があり、昔は6か月ほどの服用だったものが近年は暖冬化や気密性が高く温度の高い住宅が増えてきたことも理由となり、蚊の発生時期が長くなっています。そのためフィラリア予防薬を1年のうちの8〜10カ月という長期間服用させなくてはいけなくなっています。フィラリア予防薬はホームセンターなどでは販売されておらず、動物病院に行って医師に処方してもらう必要がありますが高額になってしまいます。大切なペットの命を守るためのものだとは言えペット保険に加入していても保証されない範囲内になってしまいます。

安いのがメリット

フィラリア予防薬をきちんとペットに服用させたいけれど費用を安くしたいという人に人気なのがフィラリア予防薬の個人輸入です。海外で販売されているフィラリア予防薬を個人的に輸入するもので、届いた薬は動物病院で処方されているものと内容に関しては違いはありません。違いと言えばパッケージが日本語ではないという点くらいです。自宅に届きますので動物病院に出向く必要がありませんので時間もかかりませんし、安く手に入れることができるというのが大きなメリットで代行サイトを利用することで日本語で注文でき、日本円での支払いもできます。多頭飼いの場合にはまとめ買いでの割引も利用できますのでさらに安く購入することができるようになります。